結婚祝いのマナー、喜ばれる贈り物は?

結婚祝いのプレゼントは贈るのは、祝いをもらう方だけでなく、贈る方も相手の喜ぶ顔を思うと楽しいものです。
贈る祝いの品は結婚後、年を経ても、ながめるたびに結婚の喜びを感じられるようなものを選べると理想的ですね。

 

 

結婚祝いは、結納から結婚式の1週間ぐらい前までに贈るのが良いとされています。
結婚祝いをお金にする場合は、かつては、1万、3万、5万と2で割り切れない金額を包むのが一般的でしたが、現在では2万円でも良いとされているようです。
お祝いは吉日を選んで持参または送付します。金品、物品とも「のし」は10本線の結び切りで、「寿」の文字が書かれたものを使います。

 

 

ところで、結婚するふたりに、贈って喜ばれる結婚祝いとはどんなものでしょうか?

 

結婚祝いを扱う専門店やデパートなどの調査では、人気の順にインテリア家具や電化製品、キッチン家電や鍋などのキッチン用品、高級ブランドの食器、現金や商品券、植物となっています。
結婚生活のスタートには、揃えなければならない生活用品が多いので、それがもらって嬉しい結婚祝いの品に反映しているようです。

 

 

結婚祝いの品物の相場は、祖父母・両親が5〜10万円前後、兄弟が3〜5万円前後、親戚・友人が1〜2万円前後のものが多いようです。
先ずは、結婚するふたりに欲しいものを聞いてから贈るとダブリやハズレのない結婚祝いになりますね。