結婚式の招待状、書き方やマナーなど

結婚式の日取りが決まり、招待するゲストの選定も終わったら、次は招待状の作成です。
結婚式の招待状作りは細かい規則あって結構大変です。
招待状の作成には、主に結婚式の会場に依頼する方法と手作りがあります。
また、インターネットから注文する方法や、招待状テンプレートを無料でダウンロードして作る方法もあります。

 

 

結婚式の招待状は正式な結婚報告を兼ねていますので、手作りの場合は、個性的ではあっても、ある程度は格式ある招待状を作りたいですね。
招待状は、大安や友引の日を選んで、結婚式を挙げる2ヶ月前には発送し、返信期限を1ヶ月前くらいに設定するのが一般的です。

 

 

招待状に必要なのは、「本状、返信用ハガキ、付箋、封筒」の4種+会場地図など。
4種セットで販売されているものを利用すると楽です。

 

本状には、「誰が、いつ、どこで、どんな結婚式」を行うかを記載し、「本状の差出人名義、返信はがきの宛先、封筒裏に書かれる差出人」を決めます。

 

招待状の差出人は、ゲストには目上の方が多いという理由から、両家の親の連名で出すことが一般的でしたが、最近では結婚するふたりの名前にすることが多くなりました。

 

他に大切な点は招待状の紙質。
正式なお知らせなので上質なものを選びましょう。
また、発送する封筒の宛名書は毛筆書きにし、本状と返信用のハガキには「慶事用の切手」を貼ります。

 

 

結婚式の招待状は、結婚するふたりにとって大切な人間関係への架け橋です。
細かい規則はありますが、楽しく作って新しい門出を関係者みんなに祝ってもらいましょう。